ChamaNet  自由なデータベースCGI。防災マップ、避難所の紹介。検索エンジンCGIにも。
データ毎のHTMLファイル一括生成などでSEO対策に。
商店街の店舗紹介、グループウェアとしても。
TOP免責事項特定商取引法ダウンロードよくあるご質問ご注文お問い合わせ
ProfileCGI
機能概要
テスト用サンプル
設定設置方法
バージョンアップ情報
バージョンアップ方法
免責事項・動作環境
特定商取引法表示
Q&A
ダウンロード
ご注文

シェアウェアの
ご注文

ProfileCGI
(設定設置方法)

CGIの設定・設置方法
1 ダウンロード 上記のダウンロードボタンを押してダウンロードして下さい。
設置するサーバーのPerlへのパスに合った方をダウンロードします。
Perlへのパスに合うものが無い場合は最新バージョンのいずれかをダウンロードします。
2 ファイルの解凍 ダウンロードしたファイルは圧縮されています。
解凍するとcgi等のファイルになります。
3 初期設定 サーバーのPerlへのパスをご確認願います。
#!/usr/bin/perl又は#!/usr/local/bin/perlなら次(4)へお進み下さい。

◆以下、サーバーのパスが#!/usr/bin/perl又は#!/usr/local/bin/perlでは無い場合
Windowsのアクセサリのメモ帳を開きます。
「スタート」「プログラム」「アクセサリ」「メモ帳」を起動します。
「メモ帳」からメニューの「ファイル」「開く」を選択
ファイル選択画面が表示されたら、「ファイルの種類」で「すべてのファイル」を選択します。
全てのファイルが表示されますので、拡張子が「.cgi」のファイルを全て修正します。

Perlのパスを設定します。
1行目に「#!/usr/bin/perl」と書かれています。
サーバー合わせて「#!/usr/local/bin/perl」などに修正して下さい。
(詳しくはサーバー管理者にお問い合わせ下さい。)

全CGIファイルの1行目を更新したら設定完了です。
4 サーバーへの転送 FTPソフトでサーバーへ転送します。
サーバー環境によって転送場所が異なります。

・ホームページや画像が閲覧出来るフォルダとCGIを動作させるフォルダが異なる場合
「cimage」「couponimage」「css」「image」「polygon」「subimage」「upfile」「upimagei」「userimage」をホームページ等を設置するディレクトリ内に転送(画像等が閲覧出来るディレクトリに設置)、 その他はCGIが動作するフォルダ内に転送します。
基本情報の設定画面から各フォルダまでのパスを設定します。

・ホームページとCGIのフォルダの区別が無い場合
 全てのファイルとフォルダを同じフォルダ内に転送します。

解凍したファイルの中に「readme.txt」があり、ディレクトリ構造が掲載されています。
アクセス権はサーバー環境によって異なります
よくあるパターンは下記の3通りです。左からお試し頂ければ幸いです。
ファイル種別 アクセス権
パターン1 パターン2 パターン3
.CGIファイル(拡張子がcgiのファイル) 700 755 755
ディレクトリ 755 757 757
データファイルなど(.*.dat *.csv *.html)
jcode.pl data.lock
600 644 646
5 管理画面へ入室 FTPで転送した「kanri.cgi」へアクセスします。
ブラウザの「アドレス」欄に「http://www・・・・・/kanri.cgi」と入力し、ENTERします。
初期状態のパスワード「1111」で入室します。

まず「1.基本情報の変更」から「E-mailアドレス」「URL」「パスワード」を変更します。
次にメニューに従って、設定、登録すると運営することが出来ます。

シェアウェアの
ご注文

HOMEソフト一覧免責事項特商法ダウンロード料金表ご注文Q&A掲示板お問い合わせ
©CopyRight chama.ne.jp since 2001 All Rights Reserved