TOP(ChamaMail)
機能の詳細
バージョンアップ情報
テスト用サンプル
設定設置方法
バージョンアップ方法
ダウンロード
免責事項・動作環境
特定商取引法
よくあるご質問
お問い合わせ

ご注文はこちらから

ChamaMail
(高機能メールデコードCGI)
(設定設置方法)

バージョンアップ方法はこちら

ダウンロードからの設定、設置までの流れ 
ダウンロード ダウンロード画面にLOGINし、ダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGIの転送 ダウンロード、解凍した全てのファイルとディレクトリをFTPソフトでサーバーに転送します。
サーバー内でCGIの設置場所が「cgi-bin」などに限定され、とホームページや画像等の設置場所が異なるサーバー環境の場合、「image」「upfile」フォルダはホームページ等の設置場所に設置して下さい。(設置後、管理画面からパスを設定します)

サーバーに設置する時の
ディレクトリ構造などは解凍したファイルの中のreadme.txtを参考にして下さい。
アクセス権の設定 FTPソフトで転送したCGIファイル等のアクセス権を設定します。
アクセス権の設定は、サーバー環境によって異なります。
ご不明な場合はサーバー管理者にお問い合わせ願います。
よくあるパターン パターン1 パターン2 パターン3
ディレクトリ 755 757 757(777)
データファイル(○○.datや○○.csv) 600 644 646
CGIファイル(○○.cgi) 700 755 755
画像(○○.gif) 644 644 644
ロックファイル(data.lock) 600 644 646
日本語変換ライブラリ(jcode.pl) 600 644 646
WADAX様、KAGOYAネット様、さくらインターネット様などのサーバーでは、CGIファイルのみ700に設定すると動作します。(ディレクトリやデータファイルの設定不要)
管理画面 ブラウザのURL欄に設置した「kanri.cgi」のURLを入力し、管理画面に入室します。
デフォルトでの
パスワードは「1111」です。
管理サイトに入室し管理メニューの「基本情報の変更」よりパスワードを変更して下さい。

運営開始までの流れ
基本情報の変更 管理画面から「1.基本情報の変更」を選択し、URL・E-mailアドレス・タイトル等を設定します。
管理者E-mailを複数設定したい場合は、「,」(カンマ)区切りで入力して下さい。
その他の設定 管理画面の各メニューから設定します。
入力フォームの設定 入力フォームのページを作成します。
動作テスト 入力フォームから入力してみます。
・管理者にメールが届く
・入力者にメールが届く
・入力データが保存されている
・メールや画面の表示内容に誤りがないか

動作や表示内容に誤りがある場合は管理画面の設定内容を修正します。
セキュリティ
チェック
「data」フォルダの基本情報「kihon.dat」や入力データ(「order」フォルダ内の「data.csv」)に直接アクセスし画面に表示されないことを確認します。

表示されてしまう場合はアクセス権の設定を変えるかデータフォルダ内に「.htaccess」ファイルを作成し、アクセスできないように設定します。
(アクセス権の設定でデータファイルを非表示にできず、「.htaccess」も使用できないサーバーでのご使用はお薦めできません)
運営開始

設定方法(詳細)
どのファイルに設定が必要かは、最下部のファイル一覧をご覧下さい。
入力フォーム 入力フォームの作成方法
●入力フォーム作成ウイザードで作成
 ウイザードに沿って入力フォームを作成します。
 ・項目の確認(入力)
 ・各項目に入力部品(テキストエリア、チェックボックス等)の割り当て
 ・各入力部品の初期値や補足説明の入力
 ・ページタイトル、ヘッダー、フッター、文字色等の入力
 ・プレビュー、保存


●HTMLタグを修正する方法
 管理画面の「2.入力フォーム(HTML)の修正」からソースを修正します。
 <FORM action="
・・・・/mail.cgi" method="post">(「・・・・」はmail.cgiへのパス) は修正しません。(修正すると動作しなくなります。)
 また、E-mailアドレス入力欄も修正しません。(size="31"は追加・修正可能です。)
 %・・・% はクッキーのデータが呼び出されます。(詳しくは、次項「クッキー」で)



●ホームページ製作ソフトで作成する方法
 基本的には、HTMLタグを修正する方法と同じです。
 管理画面の「2.入力フォーム(HTML)の修正」からソースを表示させコピーします。
 ホームページ製作ソフトのソース欄に貼り付けます。
 自由に修正したのち、ソースを表示させ、コピーし、ブラウザの修正画面に貼り付けます。
 注意点:<FORM>タグとE-mailの入力欄は修正できません。


●サンプル入力フォーム(index.htm)を修正し作成する方法(クッキーは使用できません)
1.<FORM>タグの修正

入力フォームのページとmail.cgiを同一フォルダ内に設置する場合は2にお進み下さい。(<FORM>タグの修正は必要ありません。)

入力フォームからサーバーに設置するmail.cgiまでのパスを調べます。
ダウンロード時は
<FORM action="mail.cgi" method="post">
となっていますので、フォームからのパスを入れます。
<FORM action="・・・・・/mail.cgi" method="post">


2.入力項目の設定
E-mailアドレスの入力欄のnameは変更できません。


E-mailアドレス以外の入力項目は自由に追加修正することができます。



●管理者宛てメールを配信しないように設定する方法
入力フォームの<FORM></FORM>間に下記タグを挿入します。



●まがCGIと連動
管理画面の「1.基本情報の変更」にまがCGIのURLを設定すると自動的に「まがCGI」と連動します。
自動登録は設定によって以下の方法があります。

購読必須に設定 まがCGIに登録
購読任意に設定 入力フォームに「メルマガの購読」を付ける(※) 購読を選択した場合に登録
入力フォームに「メルマガの購読」を付けない 完了画面にメルマガ購読ボタンを表示
ボタンを押すと購読開始

※「メルマガ購読」のタグ
・ラジオボタン

・チェックボックス



●E-mailアドレスの再入力欄を設け、E-mailアドレスをチェックする方法
・管理画面の「1−1.基本情報の変更」の「E-mailアドレス入力チェックの設定」に確認入力欄のnameを指定。
・入力フォームに上記で指定したnameのテキスト入力を設置

例)設定例
1.「E-mailアドレス入力チェックの設定」を「E-mail2」に設定
2.入力フォームのE-mail入力欄の下に下記のタグを追加
 管理画面の「3-2.入力フォーム(HTML)の修正」からE-mailの入力欄の下に

の1行を追加します。(ウィザードでは対応出来ません)
クッキー 管理画面の「6.クッキー保存項目の修正」からクッキーに保存する名前を登録しておきます。
例えば、この項目に「年齢」を入れた場合、入力フォームは下記のようになります。
<input type="text" size="10" name="年齢" value="%年齢%>

この入力欄から入力されたデータは、クッキーに「年齢」として保存され、「%年齢%」で呼び出すことができるようになります。

ご注文はこちらから

HOMEソフト一覧免責事項特商法ダウンロード料金表ご注文Q&A掲示板お問い合わせ
©CopyRight chama.ne.jp All Rights Reserved