ChamaNet
更新履歴CGIの設定設置方法。RSSフィード自動作成機能によるSEO対策。
XML生成。サーバー内を巡回してサイトマップを作成することも。
HOMEソフトウェア一覧不動産CGI免責事項特定商取引法ダウンロードQ&A掲示板ご注文お問い合わせ

ご注文

ショッピングカート ショッピングカート HistoryCGI ショッピングカート ショッピングカート
(設定設置方法)
設定設置の流れ(概要)
ダウンロード ダウンロード画面からダウンロードします
解凍 ダウンロードしたファイルを解凍します
FTPで転送 サーバーに転送します
アクセス権の設定 転送したファイルのアクセス権を設定します
管理画面に入室 管理画面に入室し、作業を始めます

設定設置方法(詳細)
ダウンロード ダウンロード画面から最新バージョンのPerlのパスがサーバーのPerlのパスに合っている方をダウンロードします。
解凍 ダウンロードしたファイルは圧縮されています。LHACAなどの解凍ソフトで解凍して下さい。
FTPで転送 FFFTPやホームページビルダーのファイル転送などのFTPソフトを使用し、サーバーのCGIが稼動するエリアにCGIを転送します。
「history」や「rireki」といったフォルダを作成して転送すると、他のCGIと区分出来ます。

・ホームページや画像が閲覧出来るフォルダとCGIを動作させるフォルダが異なるサーバーの場合
 「image」「upimagei」「ror.xml」「sitemap.xml」をホームページ等のフォルダ内に転送し、その他はCGIが動作するフォルダ内に転送します。
アクセス権の設定 CGIファイル、データファイル、フォルダのアクセス権を設定します。CGIファイル(**.cgi)のみ700に設定すると稼動するサーバーもあります。
アクセス権をどのように設定するのかはサーバーによって異なりますので決まったものはありませんが、下記のように設定すると動作する場合が多いです。
よくあるパターン パターン1 パターン2 パターン3
ディレクトリ 755 757 757(777)
データファイル
(○○.datや○○.csv)
600 644 646
CGIファイル(○○.cgi) 700 755 755
画像(○○.gif) 644 644 644
ロックファイル(data.lock) 600 644 646
ライブラリ、モジュール
(**.pl,**.pm)
600 644 646
管理画面に入室 ブラウザのURL欄に管理画面のURLを入力し、Enterキーを押します。
例)http://・・・URL・・・/設置したフォルダ/kanri.cgi
初期画面のパスワードは「1111」です。
パスワードを変更 まず、「1−1.基本情報の変更」からパスワード「1111」を変更し、送信し、パスワードを変更します。
基本情報ほか、各種設定や登録作業に入ります。
RSSフィード 管理画面の「ホームページ用HTMLタグ」又は「カテゴリ別RSSフィード」の「HTML」からホームページに貼り付けるHTMLタグをコピーします。
RSSフィードを設定したいホームページにタグを貼り付けます。

ご注文

HOMEソフト一覧免責事項特商法ダウンロード料金表ご注文Q&A掲示板お問い合わせ
©CopyRight 2002 Chama.ne.jp All Rights Reserved