ChamaNet  不動産CGIの機能概要
HOMEソフトウェア一覧不動産CGI免責事項特定商取引法ダウンロードQ&A掲示板ご注文お問い合わせ
TOP(不動産CGI)
機能概要
設定設置方法
バージョンアップ情報
バージョンアップ方法
テスト用サンプル
運営中のサイト様
Q&A
掲示板
免責事項・動作環境
特定商取引法
ダウンロード

不動産.CGI ご注文


不動産.CGI[物件検索CGI]〜不動産業者様の物件検索のサイトをお助け
Lightbox導入方法

不動産CGIのLightbox導入方法です。
物件詳細画面の写真をLightboxで綺麗に見やすく表示出来ます。

Lightbox導入手順
1.ダウンロード LightBoxサイトからLightboxをダウンロードして下さい。
ダウンロードはこちら

※LightBox2に対応したい場合、不動産CGIv5.2903以上のバージョンが必要です。
2.ZIPファイルを解凍 LHACA、LHASAなどで解凍して下さい。
3.サーバーに転送 不動産CGIの「estate」フォルダに解凍した「css」「images」「js」を転送して下さい。
ディレクトリ構造はこのようになります。
[estate]
[css]
┃┗○○.css
[img]
┃┗○○.gif
┗[js]
 ┣lightbox.js
 ┗○○.js
4.管理画面の設定 管理画面の「2-1.基本情報の設定」の「LightBoxの対応」を「ON」に設定します。
※Lightboxのフォルダ等をサーバーに転送した後に実行する必要があります。
5.動作確認 物件詳細画面に入り、写真をクリックし、動作を確認します。

物件別HTMLページにLightbox導入したい場合
1.サーバーに転送 不動産CGIの「html」フォルダにLightboxの「css」「img」「js」を転送して下さい。
2.管理画面の設定 管理画面の「4-20.物件別HTMLページの設定」からHTMLを編集します。
1行目は

のように記述し、HTMLのヘッダー(<TITLE></TITLE>の次あたり)に

を挿入します。

LightBox2以降の場合、</BODY>の直前に下記を挿入します。


上記でテンプレートの設定が出来ました。
管理画面の「1-20.物件別HTMLページの一括生成」からHTMLページを生成すると反映されます。

※予めHTMLページを閲覧していた場合、上記の作業を行った後、ブラウザの更新ボタンを押してから閲覧する必要があります。
(ブラウザのキャッシュが表示されているとHTMLの編集が反映されません。)
3.動作確認 物件詳細HTMLページを閲覧し、動作を確認します。


不動産.CGI ご注文
128bit SSL

HOMEソフト一覧免責事項特商法ダウンロード料金表ご注文Q&A掲示板お問い合わせ
©CopyRight chama.ne.jp All Rights Reserved