SwitchCGI v1.00
(フリーソフト)

ブラウザによって画面を入れ替える。
携帯3キャリアとPCだけでなく、
ブラウザによって何ページでも振り分ける事が出来ます


■サンプル
※サンプルでは基本情報など、設定内容の変更は出来ません。
管理画面
 パスワード:1111
管理画面から、基本情報の設定やブラウザによる判定方法、振り分けたページのHTMLタグなどを編集する事が出来ます。
表示画面
PCから閲覧するとPC用の画面が出てきます。
ブラウザによって出てくる画面が異なります。
Docomo、AU、SoftBankとPCで分ける事も出来ますし、IE、FireFox、NetScape、Safariなどで分ける事も出来ます。


■動作環境
動作させるためには下記条件を満たしたインターネットサーバーが必要です。
1.独自CGIが動作するサーバー
2.1Mb以上の空スペース


■ダウンロード
・ご注意 免責事項をお読みになり、ご承諾頂いた方だけダウンロード出来ます。
最下部の著作権表示部分を変更又は削除して使用したい場合は、変更使用料(¥3,000)が必要です。
詳しくは、ChamaNet事務局までお問合せ願います
・免責事項 免責事項はこちら
ダウンロード
#!/usr/bin/perl #!/usr/local/bin/perl
v1.00(最新版)


■CGIの設定・設置方法
1 ダウンロード 上記のダウンロードボタンを押してダウンロードして下さい。
設置するサーバーのPerlへのパスに合った方をダウンロードします。
Perlへのパスに合うものが無い場合は最新バージョンのいずれかをダウンロードします。
2 ファイルの解凍 ダウンロードしたファイルは圧縮されています。
解凍するとcgi等のファイルになります。
3 初期設定 サーバーのPerlへのパスをご確認願います。
#!/usr/bin/perl又は#!/usr/local/bin/perlなら次(4)へお進み下さい。

◆以下、サーバーのパスが#!/usr/bin/perl又は#!/usr/local/bin/perlでは無い場合
Windowsのアクセサリのメモ帳を開きます。
「スタート」「プログラム」「アクセサリ」「メモ帳」を起動します。
「メモ帳」からメニューの「ファイル」「開く」を選択
ファイル選択画面が表示されたら、「ファイルの種類」で「すべてのファイル」を選択します。
全てのファイルが表示されますので、拡張子が「.cgi」のファイルを全て修正します。

Perlのパスを設定します。
1行目に「#!/usr/bin/perl」と書かれています。
サーバー合わせて「#!/usr/local/bin/perl」などに修正して下さい。
(詳しくはサーバー管理者にお問い合わせ下さい。)

CGIファイルの1行目を更新したら設定完了です。
4 サーバーへの転送 FTPソフトでサーバーへ転送します。
解凍したファイルの中に「readme.txt」があり、ディレクトリ構造が掲載されています。
アクセス権はサーバー環境によって異なります
よくあるパターンは下記の3通りです。左からお試し頂ければ幸いです。
ファイル種別 アクセス権
パターン1 パターン2 パターン3
.CGIファイル(拡張子がcgiのファイル) 700 755 755
ディレクトリ 755 757 757
データファイル(.dat)
jcode.pl data.lock
600 644 646
5 管理画面へ入室 FTPで転送した「kanri.cgi」へアクセスします。
初期状態のパスワード「1111」で入室します。
「基本情報の変更」から「パスワード」を変更した後、各設定を行います。

line2
©CopyRight chama.ne.jp since 2001 All Rights Reserved