ChamaNet  高機能なショッピングカートのCGI「ChamaCargo」のCargo携帯オプション。
バージョンアップ方法。
HOMEソフトウェア一覧 免責事項特定商取引法ダウンロードQ&A掲示板ご注文お問い合わせ
ChamaCargo
機能概要
バージョンアップ情報
テスト用サンプル
運営中のサイト様
設定設置方法
バージョンアップ方法
よくあるご質問
サポート掲示板
免責事項・動作環境
特定商取引法
ダウンロード
お問い合わせ
ご注文はこちら


機能概要
バージョンアップ情報
テスト用サンプル
設定設置方法
バージョンアップ方法
免責事項・動作環境

ヤマト運輸送り状発行ソフトB2対応オプション

ヤマト代金後払いサービス対応オプション

ご注文


・ ・ Cargo携帯オプション
バージョンアップ方法
・ ・

v3.62→v3.64
注意点 ・v3.64を使用するためにはChamaCargo8.69以上が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
追加されたファイルのアクセス権を設定します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.56→v3.62
注意点 ・v3.62を使用するためにはChamaCargo8.66以上が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
追加されたファイルのアクセス権を設定します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.51→v3.56
注意点 ・v3.56を使用するためにはChamaCargo8.30以上が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.41→v3.51
注意点 ・v3.51を使用するためにはChamaCargo8.21以上が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.40→v3.41
注意点 ・v3.41を使用するためにはChamaCargo8.01以上が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.38→v3.40
注意点 ・v3.40を使用するためにはChamaCargo8.01が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.36→v3.38
注意点 ・v3.38を使用するためにはChamaCargo7.93が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.35→v3.36
注意点 ・v3.25を使用するためにはChamaCargo7.81が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.31→v3.35
注意点 ・v3.25を使用するためにはChamaCargo7.81が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.25→v3.31
注意点 ・v3.25を使用するためにはChamaCargo7.77が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.21→v3.25
注意点 ・v3.25を使用するためにはChamaCargo7.72が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.17→v3.21
注意点 ・v3.21を使用するためにはChamaCargo7.60が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.16→v3.17
注意点 ・v3.17を使用するためにはChamaCargo7.54が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.15→v3.16
注意点 ・v3.16を使用するためにはChamaCargo7.50が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.14→v3.15
注意点 ・v3.15を使用するためにはChamaCargo7.46が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.12→v3.14
注意点 ・v3.14を使用するためにはChamaCargo7.44が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.09→v3.12
注意点 ・v3.12を使用するためにはChamaCargo7.35が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.05→v3.09
注意点 ・v3.09を使用するためにはChamaCargo7.30が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v3.00→v3.05
注意点 ・v3.05を使用するためにはChamaCargo7.10が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定を変更して下さい。
動作確認 注文などの動作を確認します。
消費税の対応 消費税法改正の対応はこちら

v2.52→v3.00
注意点 ・v3.00を使用するためにはChamaCargo7.00が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 スタイルシート、HTMLトップ、HTMLラスト、商品一覧などのテンプレートがスマートフォンで閲覧しやすくなっていますので、必要に応じてデザインなどを変更して下さい。
追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定します。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v2.50→v2.52
注意点 ・v2.52を使用するためにはChamaCargo6.32が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定します。
動作確認 注文などの動作を確認します。

v2.48→v2.50
注意点 ・v2.50を使用するためにはChamaCargo6.25が必要です。
・バージョンアップ版をダウンロード
・ファイル等を転送した後、アクセス権を設定
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。追加されているファイルのアクセス権を設定します。
管理画面の設定 追加された機能など、必要に応じて管理画面から設定します。
ミニゲームPHPへの連動の詳細や設定はこちら
動作確認 注文などの動作を確認します。


v2.47→v2.48

v2.47からv2.48へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.48を使用するためには、ChamaCargoV6.22が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。

v2.45→v2.47

v2.45からv2.47へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.47を使用するためには、ChamaCargoV6.18が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。

v2.44→v2.45

v2.44からv2.45へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.45を使用するためには、ChamaCargoV6.16が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。


v2.42→v2.44

v2.42からv2.44へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.44を使用するためには、ChamaCargoV6.14が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
携帯メニューの設定など 携帯メニューの「1-1.携帯用基本情報の設定」の「・スマートフォンの設定」を設定します。
スマートフォンを判定するブラウザは
iPhone
Android
を登録すると良いです。
スマートフォン用のCSSを容易し、URLを登録します。
(ダウンロードファイルにサンプルとして「smart.css」が入っています)
動作確認 動作を確認します。



v2.39→v2.42

v2.39からv2.42へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.42を使用するためには、ChamaCargoV6.11が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.37→v2.39

v2.37からv2.39へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.39を使用するためには、ChamaCargoV6.03が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.30→v2.37

v2.30からv2.37へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.37を使用するためには、ChamaCargoV5.92が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.29→v2.30

v2.29からv2.30へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.29を使用するためには、ChamaCargoV5.73が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.27→v2.29

v2.27からv2.29へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.29を使用するためには、ChamaCargoV5.69が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.25→v2.27

v2.25からv2.27へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.27を使用するためには、ChamaCargoV5.59が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定
●決済方法からeBANKが削除されました。
 楽天銀行は銀行振込か自由枠で設定して下さい。


ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.22→v2.25

v2.22からv2.25へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.25を使用するためには、ChamaCargoV5.53が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.20→v2.22

v2.20からv2.22へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.22を使用するためには、ChamaCargoV5.50が必要です。
●バージョンアップ用をダウンロード

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送し、アクセス権を設定

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.19→v2.20

v2.19からv2.20へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.20を使用するためには、ChamaCargoV5.47が必要です。

●バージョンアップ用をダウンロードする。


●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●管理画面から注文確認画面を設定する

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
管理画面の設定 管理画面の「14.注文確認画面の設定」を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.15→v2.19

v2.15からv2.19へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.19を使用するためには、ChamaCargoV5.46が必要です。

●バージョンアップ用をダウンロードする。


●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.11→v2.15

v2.11からv2.15へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●v2.15を使用するためには、ChamaCargoV5.38が必要です。

●バージョンアップ用をダウンロードする。


●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●追加されたCGIファイルのアクセス権を設定する。


ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ用をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します。



v2.08→v2.11

v2.08からv2.11へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●追加されたデータファイルのアクセス権を設定する。


ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v2.11をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
管理画面の設定 1.メールヘッダー、フッターの設定(必須)
(1)携帯メニューの「2.メールヘッダーの編集」から進捗状況のメールヘッダーを設定します。

(2)「3.メールフッターの編集」から「お問合せ用」「会員登録用」「進捗状況用」のメールフッターを設定します。

2.会員価格を表示したい場合
(1)「12.商品一覧HTMLタグの編集」に「%PRICE2%」又は「会員:%PRICE3%円/%TANI%)を追加します。

(2)「13.商品詳細画面の編集」に「%PRICE2%」又は「会員:%PRICE3%円/%TANI%)を追加します。
動作確認 動作を確認します。



v2.04→v2.08

v2.04からv2.08へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●追加されたCGIファイル等のアクセス権を設定する。


ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v2.03をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v2.03→v2.04

v2.03からv2.04へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●追加されたCGIファイル等のアクセス権を設定する。


ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v2.03をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v2.01→v2.03

v2.01からv2.03へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v2.03をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v2.00→v2.01

v2.00からv2.01へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。


●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v2.01をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.38→v2.00

v1.38からv2.00へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●先にChamaCargoをv5.01以上にバージョンアップします。
 Cargo携帯オプションv2.00を使用するには、ChamaCargov5.01以上のバージョンが必要です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v2.00をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.37→v1.38

v1.37からv1.38へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●ChamaCargo v4.61以降のバージョンに対応しています。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v1.38をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
追加されたファイルのアクセス権を設定します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.32→v1.37

v1.32からv1.37へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●ChamaCargo v4.57以降のバージョンに対応しています。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v1.37をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
追加されたファイルのアクセス権を設定します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.30→v1.32

v1.30からv1.32へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v1.32をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.20→v1.30

v1.20からv1.30へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●追加されたファイルのアクセス権を設定する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v1.30をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
アクセス権の設定 追加されたファイルのアクセス権を設定します。
(追加されたファイル)
ifriendform.cgi ifriendmail.cgi ifriendmake.cgi data/ifriendform.dat
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.10→v1.20

v1.10からv1.20へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v1.20をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
管理画面の設定及び動作確認 動作を確認します。



v1.00→v1.10

v1.00からv1.10へのバージョンアップの方法です。
バージョンアップの注意点は以下の点です。

●バージョンアップ版をダウンロードする。

●ダウンロードした全てのファイルをFTPで転送する。

●追加されたCGIファイルのアクセス権を設定する。

●「お問合せ」機能を使用する場合は、「1.携帯用基本情報の設定」で「お問合せ」を「使用する」に設定する。

ダウンロードからの設定、設置までの流れ
ダウンロード ダウンロードボタンから、バージョンアップ版v4.36をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルになっています。
LHASA、LHACA等で解凍して下さい。
CGI等の設定 「#!/usr/bin/perl」又は「#!/usr/local/bin/perl」であればPerlへのパスの設定は必要ありません。
その他であれば全てのCGIファイル(拡張子が「.cgi」のファイル)のperのパスを設定。
CGI等の設置 全てのファイルをFTP等でサーバーに転送します。
追加されたCGIファイルのアクセス権を他のCGIファイルと同じアクセス権に設定します。
管理画面の設定及び動作確認 管理画面の「1.携帯用基本情報の設定」で「お問合せ」機能を設定し、動作を確認します。

ご注文

HOMEソフト一覧免責事項特商法ダウンロード料金表ご注文Q&A掲示板お問い合わせ
©CopyRight 2002 Chama.ne.jp All Rights Reserved